マシニングセンターオペレーターという夢を形にする仕事

私はとある工場でマシニングセンターと呼ばれる金属を加工する機械のオペレーターをしています。この仕事は専門的な部分が多い仕事でなかなか半人前になることすら時間がかかる仕事だと思いますが、毎日少しずつ知識がついてくると自分の思った形に金属を削って仕上げ思った通りの形に仕上がるところにやりがいを感じます。また影の部分を支える(何かの部品として品物が使用されるため)仕事なので必ず誰かの役に立っていると実感できる、またそこにやりがいを感じることができる仕事でもあるとおもいます。
マシニングセンターオペレーターはやはり1/1000ミリというごくわずかな数値を狙って品物を仕上げたり、金属の特性を知っていなければならなかったり、その日その場で条件が異なるため自分の思い通りに商品が仕上がらないことも多いですが、バチッと仕事がうまく決まった時はとても仕事として面白みを感じます。
また得られる知識が無限にあるため、知識を習得するたびに仕事の楽しさも実感できるところもありとても楽しい仕事だと私は思います。
また上記に記したとおりいろんな条件を必要とするため難しい仕事でもありますが、その難しさがあるからこそマシニングセンターオペレーターは楽しさや面白さを仕事として実感できると思います。